スターカットダイヤ号がproject入りしました!

2019/3/19

16戦3勝。右前脚繋靭帯に腫れが見られたため、現役を引退することとなった。性格は初めての人には耳を絞って威嚇することがあるが噛んだり蹴ったりはしない。

スターカットダイヤは父はクラシック「皐月賞」を制し古馬になり、マイルチャンピオンシップを連覇。天皇賞、安田記念も制した中距離の名馬、ダイワメジャー。母は芝、ダート、マルチな活躍を見せ、重賞にも出走。現役最後のレースでオープン馬になったローズカットダイヤ。一族には重賞3勝し、ダービーにも出走したタスカータソルテ等、活躍馬を多頭輩出したブリリアンカットの血を引き継ぐ血統だ。

 デビュー戦は母と同じく藤岡康太騎手を背に2歳のダート1200mの新馬戦。2番人気に支持され、レースでは1番人気の1つの前の3番手からレースを進める。直線に向くと力強く先頭に立ち、追い上げてくる1番人気の馬をぐんぐん3馬身以上離し、見事完勝。

 続く500万下を2戦して連続して掲示板に載り、むかえた4戦目。鞍上は勝利請負人M.デムーロ騎手。道中は2番手を追走し、ラスト1ハロン付近で先頭の馬に並びかけラストスパート!先頭に立つと追いかけてくる他の馬の追撃も振りきり、見事2勝目をあげた!!

 その後、3歳のオープン戦を1戦した後、1000万クラスでコンスタントに出走。掲示板に載ることもあったが、勝ち切れず500万クラスに降級すると、成績は安定。2戦連続1番人気に支持され、馬券圏内となる3着、2着となり、その次のレースでも1番人気。ゲートを出ると積極的に先頭に立ち、そのまま直線へ。2番手の馬を突き放し、最後、後方から2着になった馬の猛追を受けるも、セーフティリードで通算3勝目をあげた!

 再び1000万クラスに返り咲き、2戦するが入着することができず、ここで引退が決まった。

 先行して直線で抜け出し、ゴールまで粘るスタイルは現役時代の父ダイワメジャーが得意とした戦法。父を思い出させる走りでもあり、母系からも沢山の活躍馬を輩出し、色んな人から愛される要素がある本馬。是非ともセカンドキャリアの支援をよろしくお願いします!

BACK