キョウエイアシュラがproject入りしました!

2018/12/4

80戦6勝。故障箇所はないが、年齢的なものもあり引退することとなった。キョウエイアシュラは、父は2000年代日本で大ブレイクしたエンドスィープの後継馬でアメリカにて短距離ダートG1を2勝したスウェプトオーヴァーボード、母はサンシャワーキッス、祖母はミルレーサー。ここで競馬好きならピンとくるはず。そう!サンデーサイレンス初年度産駒で幻の三冠馬と言われた、フジキセキを生み出した一族だ。

デビューは2009年7月、2歳新馬戦。スタートから好位につけ直線に向く。なかなか前との差が詰まらなかったが、残り100mからスイッチが入りラストスパート!みるみるうちに前との差がつまり、最後の一頭を抜かしたところでゴール!!見事デビュー勝ちを果たした。

次走はオープンのラベンダー賞。前走の脚が評価されて1番人気。レースは内々中団から進めて、最終コーナーをまわった所で外にだしてラストスパート!大分あった前との差をどんどん縮めて残り50mで先頭を捉え、1馬身以上離したところでゴールイン!2連勝を飾った。

その勢いのまま迎えた初重賞、函館2歳ステークス。2番人気に支持され大外16番からのスタート。外々をまわされて最後の直線へ。いつもの勢いで上がってくるものの、最内枠からスタートした1番人気の馬もラストスパートをかけてくる…追いつきそうで追いつかず、2着でゴールイン。

その後重賞を1戦し6着した後、2歳G1朝日杯FSに駒を進める。9番人気で後方からレースを進めたものの、直線追い込み7着で入着を果たした。

 明けて3歳。4戦重賞を走った後、迎えたのはNHKマイルカップ。13番人気であったが、後方からレースを進め、直線では内からしぶとく伸びて当時の東京1,600mレコード決着の中での5着!見事G1レースの掲示板に載ったのだった。

その後重賞で馬券圏内に来ることもあったが、オープンクラスで勝つことが出来ずに1,000万クラスに降級。降級した当初は何度も掲示板に載り、すぐに勝利できるように思えた。しかし、次第に着順が下がっていき15戦しても勝てずに迎えた次のレース。8番人気であったが中団からレースを進め、直線で前を捉え、実に4年ぶりの勝利!!ついに復活か、と思われ準オープンにあがるも、5戦中4戦2ケタ着順といいところがなかった…

そして次のレース、キョウエイアシュラは初めてダートのレースを選択。すると直線いい脚で伸びて4着!ダート適性を感じさせる走りで次のレースは1,400mダートの安芸S。デビュー時と同じく中団で脚をためて直線に向くと、後のG1ホースとなった1番人気の馬にどんどん近づき、交わしてゴールイン!!この勝利で3年ぶりにオープン馬に返り咲いたのであった。

2戦したその後、迎えた地方交流重賞「テレ玉杯オーバルスプリント」。後方からレースを進め、向正面から徐々に位置をあげて最終コーナーでは先頭と半馬身差。直線できっちり差し切り、見事初重賞勝利を手にした!

次のレース、G1南部杯でも4着と好走し戦績をさらに積み上げて臨んだ、アハルテケS。10番人気ながらまた直線での追い込みが決まり勝利!3連単は50万越えとなった。

また2016年の室町Sでは最低人気ながら最速の上りで追い込み3着と、古豪ここにありをみせつけた。

2017年以降も13戦走り掲示板には載らないものの、1ケタ着順をとることもあり、懸命に走る姿を見せ、競馬ファンに感動を与えた。しかし、今年の11月霜月Sで15着となったところで引退が決まった。

2歳から11歳まで延べ9年間の現役生活。その大半をオープンクラスで過ごし、結果を出してきた本馬。中央競馬所属で80戦し、約40人が騎乗して、重賞勝ちも経験。3歳時、出走したNHKマイルカップの勝ち馬ダノンシャンティの子、サイスタリーレッドとも対戦した戦績は「ミスター無事是名馬」といっていいだろう。

そんな本馬が長い競走馬生活を卒業し、次のキャリアへ進むための支援を、是非ともよろしくお願い致します!

BACK