ホーネットドリーム号がproject入りしました!

2018/10/23

9戦0勝。ホーネットドリームは、父はマイルG1で2着4回、重賞制覇は4回、香港競馬にも挑戦し、「いぶし銀」の活躍を現役時代みせたスーパーホーネット、母はドリームスターで母の一族からはトウカイテイオーの子どもで皐月賞3着に入り、人気を博したチタニックオーがいる血統である。名前を見たらわかる通り父名と母名をとって名付けられた馬だ。

 デビューは2歳新馬で12頭中11番人気であったが、後方から徐々に追い上げ7着に入った。2戦目は中京競馬場でマイル戦。スーパーホーネットが得意としたマイル戦で鞍上は現在JRA女性騎手最多勝利をマークし、競馬界以外からも注目されている藤田菜七子騎手。この舞台で父親の遺伝子を受け継ぎ好走したいところだったが、最後方待機のまま追い上げることができず、結果は最下位…。次のレースではダート競馬を選択し、16頭中11着。その4ヶ月後に東京マイル戦に出走。鞍上は伏兵馬で数々の万馬券を演出してきた「穴男」こと、江田照男騎手。今度こそマイル戦でスーパーホーネットの血を受け継ぎ、あっ!と驚く勝利を期待したかったが、後方から追い込むも、伸びきれず18頭中12着であった。

その後、2戦は芝2000m戦を選択。鞍上は引き続き江田照男騎手で人気より上の着順には来るものの、10着、11着。ここで中央競馬を引退し、地方競馬に転籍へ。

 移籍先の園田競馬でのデビュー戦は5番人気に支持され、後方から追走するものの伸びをかいて8着。続くレースは7着。その後、距離を伸ばして挑んだレースは最下位に終わり、ここで引退となった。

 ファンの多いスーパーホーネット産駒であり、頭数も少ないので本馬のセカンドキャリアは皆に愛されてほしいと切に願っています。何卒支援のほどよろしくお願い申し上げます!

BACK